読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタク只今充電中!

アイドルが好きです。ただそれだけです。

ジャニーズコンサートの様式美

関ジャニ∞のコンサートチケットが話題になっていますね。
そういえば少し前は嵐やJr.のコンサートが話題になっていました。ジャニーズを知らない人、最近ジャニーズのファンになった人は、なんでこんなことで騒いでるの?楽になるからいいじゃん。なんて思っていらっしゃるかも知れません。

しかし、そうではないのです。
ジャニーズコンサートはこの情報社会に考えられないアナログな方法でコンサートの申し込みを行います。言ってみればクソめんどくさい()手順なのですが、ジャニーズファンはその過程を愛していました。誰もそのアナログシステムにクレームを付けようとも思っていませんでした。

では、そのクソめんどくさい方法をご紹介致しましょう。

まずコンサートが決まるとメールで日程や会場などのお知らせが来ます。
そこからしばらくすると青い封筒が届きます。入っているのはコンサートの公演コードが書いた紙と振込用紙。公演コードの紙にはメンバーからの30秒クオリティレベルの『来てね』というメッセージが入っていたときもありました……。

そして振込用紙に『手書きで!』必要事項を記入します。まさに一筆入魂。ここに念という念を込めます。振込用紙を持って郵便局に行き振込みをすれば申し込み完了です。そう、前払いです。このご時世に。落選の場合は手数料を引かれて全額返金ですが、一時期この手数料で儲けているんじゃないか?と言われた時期もありました。。。ちなみに!振込をする日は人によってまちまちで、何も考えていない人もいれば大安にわざわざ行く人、水曜は当たりやすいとかいう謎のジンクスを持っている人もいました。

申し込みを完了して数週間〜数ヶ月。
コンサート初日がいよいよ近づいてきたときにコンサートの当落発表があります。当落発表は公演期間が短ければ1回で全ての公演、長ければ2回にわけて発表されます。発表方法はコンサート事務局の電話サービスで聞きます。数万人の人間が同じ時間に一つの番号に電話をかけまくるという異様な自体がおきるのです。
今でこそスマホですが、私のヲタク全盛期はまだまだガラケー。家族に借りた携帯と自分の携帯二個持ちでしかも耳から離さずにリダイヤルをしまくったのもいい思い出です。
ナビダイヤルでお繋ぎします」
ピッ
「あぁーーーー!」
と数時間かけて繋がった電話を切ってしまったり
「ん?どっちや」
と右耳の携帯、左耳の携帯どちらが繋がったかわからなくなったり
全然繋がらないのが当たり前でした。
また公衆電話が繋がりやすいだったり、家電のほうが回線が早いとか、ソフトバンクは繋がらない。auは繋がりやすい。ドコモでもSHはどーたら。どこから湧いてきたかわからない噂がたくさんありました。1日2日すればすぐに聞けるようになるんですけどね!
この全国で行われていた異様な光景こそジャニーズがジャニヲタを作り続けてきた所以の一つだと考えられます。

電話サービスの宗教改革

繋がったとしても途中で回線が切れるのも日常茶飯事。1度早くテンキーを打ちすぎて向こうの処理が追いつかなかったこともありました。ファンクラブ会員番号や、電話サービス用の番号を打つと公演コード、当落結果、当選日時等を教えてくれます。ここではまだ席番はわかりません。
席番がわかるのはそこからまた少しあと。

コンサートの1週間くらい前。チケットが届いたときです。今でこそ簡易書留になったんですが、随分長い間指定日時のポスト投函でした。発送手数料として500円かかるのに。

ジャニーズ手数料で儲けてるから。。。

ずっと昔は指定日時も無かったみたいですね。

チケットは青い封筒で届きます。いわゆる幸せの青い封筒です。ちょっと固めの紙にコンサート名とコンサートのロゴ、名前、公演日時、席番が印字されています。ここで初めて席番がわかるのです。同会場で複数公演ある場合はわかりやすいようにチケットの色が変わります。緑、青、ピンク等々。背景がよくわからない♡とか♢のときもあります。うん。ちなみに10周年記念公演とかだと特別なチケットになる場合もあります!嬉しい。
グッズもここで発表です。黄色のペラペラの紙にペンライト、うちわ等々グッズの名前と値段だけが書いています。
ここでペンライトが相場より高いと
『あ、トンチキペンライトかな?』
といろいろ悟ります。
ペンライト、うちわ、タオルというコンサートのあるあるグッズ以外は大抵販売価格未定と書かれています。役に立たない。ときどきうちわとフォト、ポスターしか販売価格がわからないということも……。

ジャニーズは通販を行っていないので正規ルートでグッズを買うなら会場に出向かなければなりません。そして、そこで初めてビジュアルやデザインを知ります。今はSNSの発展で調べたら出でくるけど…。
このグッズあるあるが担当じゃないのに買っちゃう。です。ビジュアルが良すぎていわゆるエース級じゃないメンバーのグッズが飛ぶように売れることもあります。


ここまでがジャニーズコンサートの申し込みからチケットが手元に届くまでの流れです。
この情報社会に反発するような体制がほんの数年前でも行われていたのです。いや、今でもこの体制のグループが多いです。ジャニヲタはめんどくさいだったり言いながら電話をかけるのが好きです。後でいいや〜っていう感覚がないんです。ただいま大変混み合っております。のことばを聞かないとコンサート始まらないんですよ。

『便利になる』とは同時に『めんどくさいからこその一体感』が無くなるのだなと感じるこの頃です。

女優・沢尻エリカの演技。

水曜22時放送のドラマ『母になる』で主演を務める沢尻エリカさん。私は、彼女の復帰作の一つでもあるドラマ『時計屋の娘』で、その演技に魅せられました。
そしてそこからファーストクラス、ファーストクラス2、ようこそ我が家へとかつての勢いほどではなくても着実に階段を上っていく姿を見てきました。

『別に』事件から10年。
沢尻エリカが31になったと言えば世間は驚くでしょう。
「まだそんな年なの?」
「もうそんな年になったんだ。」

女優歴からすれば空白の期間が多く
年齢からすれば早熟した人生を歩んできた。
そんな彼女だからこそ出せる独特の雰囲気こそ沢尻エリカの魅力ではないのでしょうか?


イメージが選考してしまう女優さんです。
「少しでも優しくすると驚かれる。」
自身が言っていた言葉。
しかし、デビュー当初は『清純派女優』でした。
若い世代は有り得ないと言うかもしれませんが、今で言う有村架純さんや、土屋太鳳さんのような素朴でそれが美しい女優さんだったのです。

清純派
破天荒

そのふたつのイメージを利用したのがファーストクラスでした。
純粋無垢だった吉成ちえみが悪女になっていく姿を演じられるのは沢尻エリカしか居なかったと思います。

そして母になる。
それもまたそのようなイメージを利用したものなのかも知れません。
ただただ純粋な本屋の店員を演じる姿は天使のようで、その微笑みからは『黒』の部分は一つも感じられない。そしてそれがわざとらしくないのは沢尻エリカの演技力の賜物だとかんじます。
積み木を積むようにゆっくりゆっくり進んでいく毎日にねっとりとした声質のナレーションが重なる。積み上げたそこにいるのは綺麗なお母さん。そこから積み木がゆっくりゆっくり歪んでいく。それに誰も気付かない。
一つのタカが外れ崩れ落ちていく。
最初はそれを信じることが出来ない。
それを実感した瞬間……悲しみがこみ上げてくる。
そんな揺れ動く感情を演じる沢尻エリカさんに息を飲みました。
怖いほど美しい沢尻エリカが顔を歪ませるその瞬間、それもまた美しかったのです。

そしてその表情で思い出した記憶があります。

『池内亜矢』
一リットルの涙で沢尻エリカが演じた高校生。
純粋で真っ直ぐなあやが
「どうして病気は私を選んだの?」
「無理に生きちゃダメかな?」
そう言っていた姿がフラッシュバックしてきました。
今思います。
沢尻エリカは何も変わっていない。
あの頃の純粋なままだからこそ彼女は『悪』『闇』『黒』を演じられるのだと思いました。

そういえば藤木直人沢尻エリカ
一リットルの涙の2人ですね……

私たちがみた2年間。そして10年間。


いつも考えます。
仲良さそうに見えていた6人に、5人に、4人にどうして亀裂が入ってしまったんだろう。なぜ、バラバラになったんだろう。私たちが見ていたものは偽りだったのだろうか?
これはNEWSのときもそう。
いつだって考えさせられます。
メンバーが覚悟を決めて決断する度に、私もその決断の裏を考えて、今までを考えてそしていつも少しだけ悲しくなるのです。
KAT-TUNは仲良し小好しのグループではないと思います。
いつも少しの距離を持ってでもそれがバカみたいに心地よかった。メンバーもそう思っていると思ってました。しかし、KAT-TUNは100%本当を見せてくれるわけもなく、100%偽りを見せていたわけでもありませんでした。
その全てに何か名前をつけるなら『真実』なのでしょう。
その本当も偽りもKAT-TUNにとっては真実であり事実であったのだと思います。

4人になってから上田くんと田口くんが急激に仲良くなったこと。好感度がどんどん上がっていき、笑顔を見せるようになったこと。それでも芯にあるKAT-TUNのイメージロックを守ろうとしたこと。
全て真実なのだと思います。

そして田口くんが明確な理由も告げず脱退・退社したことは紛れもない事実です。
赤西くんが脱退したことも
田中くんが解雇されたことも
全て事実。

私たちが見てきたものはいつだって事実でした。
私たちが突きつけられたものはいつだって結果に裏付けられ事実でした。


だから思うことは一つです。

私が信じたいものは見てきた全て。
KAT-TUN6人にがバカみたいにヤンチャでそれでも愛しいほどに子供だった時代も
KAT-TUN5人が田中くんが呆れるくらいボケていたMCも
KAT-TUN4人が過酷ロケ、冠番組を経てより一層絆が深まったことも
全部全部真実なのだと思います。
あの雰囲気も
あの感じも
あのセリフも
嬉しいことも悲しいこともKAT-TUNが歩んだ歴史の中の真実です。
全て幻ではありません。
幻ではないのだから、私は今日もその美しくも悲しい思い出とともに充電期間を過ごしていけるのです。

61と17。相容れない2人の化学反応。

モーニング娘。を好きになってからヤングタウン土曜日(ヤンタン)を見るようになりました。

やはりお笑い怪獣明石家さんまさんのトーク。そして、伝統芸とも言うべき村上ショージさんとの掛け合いが面白い番組です。
そしてそこに相容れないものとして存在するのがモーニング娘。'17飯窪春菜ちゃんと工藤遥ちゃん。
きっと芸人さん誰もが2人の席を羨んでるでしょう。
毎週金曜。数時間だけでも明石家さんまさんの前に座り、トークだけでリスナーを満足させるその話術を生で感じることが出来る。そんな幸せなことはないです。

そんな相容れない2人。特に工藤遥ちゃんは17歳。孫でもなんらおかしくない年齢のアイドルと明石家さんまの親和性に最近は驚くばかりです。
ときに飯窪春菜ちゃんを2人で弄り、毒を吐く工藤遥ちゃんに明石家さんまさんがツッコミ、明石家さんまさんの行動に工藤遥ちゃんがおかしい!と叫び
そして最後のコーナー癒せません。で明石家さんまさんに褒められまくる工藤遥ちゃん。

この1時間、私は何を聞いているんだ。と思うこともあります。
けれどなぜかこの2人の変なところで共感しあったりする関係性がどうしてか耳心地が良いのです。

スタバ女子とかそういう類じゃないけれど……


元々コーヒーは飲めなくて、受験の眠気覚ましにラテが飲めるようになり、某日本発祥カフェで働き始めたのがきっかけでコーヒーが好きになりました。
そこから数年。
ウチカフェみたいな事をするようになり、この冬は自分で作ったカプチーノが朝のお供。

なんとなくスタバのコーヒーからは遠ざかっていきてきました。


スタバが好きとか
スタバにいる奴が嫌いとか
そういう偏った感情はなくただ新作が美味しそうだから寄ってみる場所。
私の中のスタバの存在。

噂に聞いた
スターバックスのブレンドは不味い。
という説を信じ、スタバでは『コーヒー』が入るものはほぼ飲んだことがありません。(カフェモカくらいかな?)

けれどこっちも噂に聞きました
スターバックスのコーヒーフラペチーノはスタバの中で一番美味しい。


さて、発売されるというじゃないですか。
これは行くしかないじゃないですか。


あれ?もうスタバ女子かな?

ヲタク!只今充電中。


只今充電中……充電中でございます。



ということで2016年5月1日にKAT-TUNが充電期間に入ったことにより充電期間に入りました。私も。
しかし、KAT-TUNを待つだけでは耐えられないので色んなところに蛍のように飛び火しております。

今はモーニング娘。'17と舞台を中心に遊んでいます。
舞台はストレートプレイを見ることは滅多になくてミュージカルが好き。
歴史が好き。
学ぶことが好き。
凝り性。
なんでも知りたい。
なんでも伝えたい。

そんなヲタクは充電中もじっとはしていられないのです。



みぃ。

新しくしました。


趣味がブログを新しくする。なので新しくしました。
前ブログはとても愛着の湧いていたものですが、もう戻りません。
あのブログに書くことはなくて
もう何もかけなくなりました。

美しいものだけを見ていたい。
も残しているのでお願いします。



1からやり直します。



みぃ。